フィットライフコーヒー 最安値

食後にウォーキングをすると血糖値を下げるということが噂になっていますが、本当なのかな?

 

食後に外で歩くのも少しめんどくさいけど、それで血糖値が下がるなら試しにやってみてもいいですよね。

 

調査したところ、食後のウォーキングは血糖値が下がりやすくなることがわかりました。

 

ただ、注意したいこともあります。

 

食後のウォーキングは血糖値を下げるのに効果があるみたいだけど

食後の血糖値上昇を穏やかにするには、ベジファースト(野菜から先に食べる)ことも有名ですが、食後に運動することでも血糖値を下げることできます。

 

そのしくみは、食後に何もしない消化を促すたすために血液が胃腸に集められ、胃腸の動きが活発となり、食事で摂取した糖分を腸が吸収しやすくなり血糖値が上昇します。

 

食後に運動を加えると、血液が腸だけでなく手足の筋肉にも回りやすくなり、胃腸の活動を抑えることができ、血糖値の上昇を抑えることができます。

 

参考サイト:https://www.nhk.or.jp/special/kettouchi/result/

食後のウォーキングは30分空ければいい?いつがいいのでしょうか?

食後にウォーキングなどの運動をすると、胃腸以外の筋肉にも血液が回ることで、腸の活動がゆるやかになり血糖値の上昇を抑えることがわかりました。

 

ですが、食後すぐにウォーキングなどの運動をしてもよいのでしょうか?

 

食後15分の間は胃腸が活発に動いているので、できればすぐにウォーキングをするのが血糖値を下げるのに効果的です。

 

ただ、食後すぐに運動をすると本来なら消化に集中する胃腸の動きが悪くなります。

 

なので、吐き気や、消化不良を起こす原因となります。

 

さらに、逆流性食道炎を起こす可能性もあるようです。

 

逆流性食道炎とは胃酸が逆流して食道に炎症を起こす疾患です。

 

なので、食べすぎた時や消化に悪いものを食べたあと、胃腸が弱い人にはあまりおすすめできる方法ではなさそうです。

 

本来は食後30分以上空けて運動するのが理想のようです。

 

また、いつでも食後すぐにウォーキングできるとは限りませんからね。

 

飲酒後にウォーキングしてもよい?

 

夕食は晩酌が日課になっている人も多いと思いますが、飲酒後のウォーキングは問題ないのでしょうか?

 

飲酒後のウォーキングはアルコールも早く回るようになりあまりおすすめできません。

 

また、アルコールは利尿作用もありますので体の水分が少なくなります。

 

そこに、ウォーキングを加えることで脱水症状を起こしやすくなります。

 

冬場はまだいいかもしれませんが、夏場になると水分不足で熱中症になる可能性もあります。

 

アルコールを飲んだあとにウォーキングするのは控えたほうがよさそうです。

 

まとめ

食後にウォーキングをしたら血糖値を下げる効果があることがわかりました。

 

一番いいのは食後すぐの胃腸が活発に動いている時が血糖値を下げるのにはベストです。

 

食後15分は本来なら胃腸が活発にうごき腸が糖分を積極的に吸収しています。

 

そこにウォーキングをすることによって、手足の筋肉に血液が回るようになり胃腸の活動が低下して糖の吸収をおだやかにしてくれます。

 

ただし、注意点もありました。

 

食後すぐに運動をすると、消化不良や吐き気、逆流性食道炎を起こす可能性もあることがわかりました。。

 

このように、食後のウォーキングは誰でもいつでもできるとは限りません。

 

その点、当サイトでおすすめしているフィットライフコーヒーなら一杯のコーヒーを飲むだけで血糖値上昇を穏やかにしてくれます。

 

フィットライフコーヒーの詳細はこちら>>

 

また、フィットライフコーヒーなら難消化デキストリンの成分が糖の吸収をおだやかにしてくれるので、食後に運動などしなくてもよくなります。

 

また食物繊維も豊富に含まれていますので、便秘改善にも期待できそうです。

 

フィットライフコーヒーは通販限定ですが、最安値の情報はこちらにまとめています。

page top