フィットライフコーヒーはカフェイン入りなのでおすすめできない人

カフェリン入りのフィットライフコーヒーを飲んだらダメな人

フィットライフコーヒーとカフェイン

 

フィットライフコーヒーはトクホの血糖値上昇をおだやかにするコーヒーです。

 

せっかく、いいコーヒーに巡り合ったと思っても、カフェインが入っているので飲むのにおすすめできない人もいると思います。

 

そこで、カフェインをあまり摂取しない方がいい人について記事にしました。

 

カフェインを控えた方がいい人

カフェインを控えた方がいい人は次の方たちです。

 

  • 妊娠中の方
  • 子供

 

妊婦さんがカフェインを摂取するとどうなるか?

妊娠しているとすごく眠気がくるようですが、カフェインの摂取には少し注意した方がよさそうです。

 

長期的な作用としては、人によってはカフェインの摂取によって高血圧リスクが高くなる可能性があること、妊婦が高濃度のカフェインを摂取した場合に、胎児の発育を阻害(低体重)する可能性が報告されています。

引用:農林水産省

 

妊婦さんが高濃度のカフェインを摂取すると胎児への影響があることが報告されているようです。

 

妊娠中の方は、医師へ相談してから検討して下さい。

 

子供はカフェインを摂取してもよい?

子供さんのためにフィットライフコーヒーの購入を検討する人も多くはないと思いいますが、注意点をまとめておきます。

 

カフェインはお茶だけでなく、コーラやココアにも含まれています。
なので、フィットライフコーヒーを毎日飲むことでカフェインの過剰摂取になる恐れがあります。

 

日本で子供へのカフェイン摂取量は決められてないようですが、世界ではカフェイン摂取量を決めている国もあるようです。

 

カナダの場合

子供
4 - 6歳45 mg /日
7 - 9歳62.5 mg /日
10 - 12歳85 mg /日

 

妊婦
300 mg /日

 

引用:https://www.canada.ca/en/health-canada/services/food-nutrition/food-safety/food-additives/caffeine-foods/foods.html

 

カフェインとは

そもそもカフェインって何なのでしょうか?

 

カフェインについてウィキペディアを引用しまsた。

カフェインは、アデノシン受容体に拮抗することによって覚醒作用、解熱鎮痛作用、強心作用、利尿作用を示す。 コーヒーから分離されカフェインと命名された。 主に、コーヒー飲料、緑茶、ウーロン茶、紅茶、ココア、コーラや栄養ドリンクなどの飲料、チョコレートなどにカフェインが含まれる。
引用:ウィキペディア

 

カフェインの覚醒作用

そもそも覚醒(かくせい)とは目を覚ます事や過ちに気づくという意味があります。
カフェインでいう覚醒(かくせい)は目を覚ます事の意味でとらえられます。

 

昼食後に目を覚ますためにコーヒーを飲んでいる人も多いのではないでしょうか?

 

カフェインの解熱鎮痛作用

カフェインは一時的な血管収縮作用があるので、頭痛薬や鎮痛薬にも使用されています。

 

痛いところに冷たい物を当てると一時的に痛みが和らぐのを想像していただければわかると思います。

 

強心作用

心臓の筋肉の収縮力を高める(強化)する作用の事です。
カフェイン系の強心薬というのもあります。

 

利尿作用

お茶やコーヒーを飲んだらトイレが近くなることがないでしょうか?
コーヒーを飲んだらトイレが近くなるのは、利尿作用が働いているからです。
尿の生成を促すには、腎臓への血液量を増加させる必要があります。
カフェインには利尿作用をする働きがあります。

 

カフェインが入っているコーヒーのメリット

 

カフェインのメリットは覚醒(かくせい)作用だけで飲んでいる人も多いと思いますが、次のメリットもあります。

 

コーヒーは、適切に摂取すれば、がんを抑えるなど、死亡リスクが減少する効果があるという科学的データも知られています。
引用:農林水産省

 

コーヒーは嫌いではないけど、毎日飲む習慣がない場合は、ガンなどの死亡リスクが減少する効果も期待できる科学的データもあるようなので、フィットライフコーヒーで1日1杯習慣化すれば、血糖値の上昇をおだやかにすることに加え、ガンなどの死亡リスクを減少させることも期待できそうです。

 

カフェインのデメリット

 

カフェインは過剰に摂取するとデメリットもあるようです。

 

カフェインを過剰に摂取し、中枢神経系が過剰に刺激されると、めまい、心拍数の増加、興奮、不安、震え、不眠が起こります。消化器管の刺激により下痢や吐き気、嘔吐することもあります。
引用:農林水産省

 

欧州食品安全機関(EFSA)では、成人なら1日400mgまでという規定があるようです。
コーヒー1杯(150mL)にカフェインの量が80mgと仮定した場合、5杯程度が一日の摂取量の限界のようです。

 

詳しく知りたい方は、こちらを参考にしてみて下さい。

 

フィットライフコーヒーとカフェインのまとめ

カフェインについて調査するとメリットやデメリットがあることがわかりました。

 

妊婦さんや子供の場合はその摂取量に注意が必要で、妊婦さんの場合は特に医師の判断を仰いた方がより安全です。

 

また、普通の成人男性でも欧州食品安全機関(EFSA)ではカフェインの摂取量(1日)が決められています。

 

カフェインを摂取しすぎるとデメリットもありますが、適切な量ならガンなどの死亡リスクが軽減されることも科学的なデータがあるようです。

 

フィットライフコーヒーはその他のカフェイン飲料(食品)を含めて適切な量を守れば、血糖値上昇をおだやかにするだけでなく、死亡リスクも軽減されることが期待できることがわかりました。

 

▼▼最安値の公式サイトはこちら▼▼


page top